• ホーム
  • 進学塾のssクラスのペナルティと家庭教師

進学塾のssクラスのペナルティと家庭教師

笑っている女の人

いわゆる超難関校を受験する生徒に対して、特別なカリキュラムを用意している進学塾が少なくありません。
首都圏や関西だけでなく、それぞれの地域で難関校に対応している進学塾があります。
特別なカリキュラムを受ける生徒は、ひとつのクラスにまとめられ、sクラスとかssクラスなどと呼ばれているのが普通です。
大学受験はもちろん高校受験や中学受験でも、こうした特別クラスが存在します。
早いときには小学4年生頃から、ssクラスに振り分けられる子どももいます。
ssクラスに入るためには、学習塾の実施する選抜試験に合格する必要があります。
一度合格しても安心してはいられません。
一定期間ごとに選抜試験が繰り返され、成績が悪いと下のクラスへ降格のペナルティが課されます。
子どもにとっては精神的に大きなショックになるため、降格されないように一所懸命勉強します。
こうして互いに競い合うことで、学習へのモチベーションが高まるというメリットがあります。
学習塾のssクラスへ入るため、また維持するために家庭教師を雇う家庭もあります。
なかには特定の学習塾と提携し、そこのssクラスへ入るため専用の勉強をさせる家庭教師もいます。
予備校のための予備校のようなもので、今では珍しいことではありませんが、費用的にも時間的にもかなりの負担になります。
本人や家庭教師が優秀であれば、このような二度手間は省けるかもしれません。
成績上位の子どもにとって、学校の勉強はできて当然であり、学習塾のほうが生活の中心になっていると考えられます。
本末転倒な気がしないでもありませんが、普通の子どもが難関校を目指す場合には、こうした努力が必要になる場合もあるでしょう。

関連記事
人気記事一覧