• ホーム
  • お願いしたプロ家庭教師の偏差値が低い!これは詐欺?

お願いしたプロ家庭教師の偏差値が低い!これは詐欺?

勉強している男

子供の成績がなかなか上がらない場合には家庭教師を雇って指導を依頼するご家庭が多いのですが、家庭教師だと学生がアルバイト感覚で働いている場合があります。
そこで最近ではプロ家庭教師に依頼をするご家庭が増えていますが、プロであればこの道で生活しているだけあって教え方が抜群に上手い人が多いです。
難しい性格の子供に対してもその対処の仕方をよく理解しているので指導力を発揮してくれてとても頼りになる存在ではありますが、お願いしたプロ家庭教師の卒業した大学の偏差値が予想以上に低い場合があります。
これは詐欺かどうか考えてしまう人もいますが、相手を騙す意図がなければ詐欺とは言いにくいです。
確かにお願いしているプロ家庭教師の出身大学の偏差値は高いことに越したことはないのですが、そもそも家庭教師は誰でも行うことができて教師の偏差値が低いとできないと言うものではないです。
そのためお願いしたプロ家庭教師の出身大学の偏差値が低くても詐欺ではないのですが、問題はその人が嘘をついていた場合です。
出身大学を偽って実際に卒業したところよりも偏差値の高い大学を卒業したと言っていたのであればこれは詐欺に当たりますが、そうではなく雇った後でお願いしたプロ家庭教師の出身大学が分かった場合には詐欺には当たらないです。
偏差値が高いプロ家庭教師でも教え方が抜群に上手い人はいますし、逆に偏差値が物凄く高くても教え方があまり上手くなく子供の成績をなかなか上げられない人もいます。
ですからプロ家庭教師の偏差値によって指導力があるかどうかを決めるのは難しく、それだけで能力があるかどうかを決めることはできないのです。
ただ偏差値の高い大学を出た人にお願いしたいのであれば、契約をする前にどこの大学を卒業したのかをしっかりと聞くべきであってそれによってその人に家庭教師の依頼をするかどうかを決めるのが良いです。

関連記事
人気記事一覧