科目割合を考えた私立校受験のための家庭教師

図書館で寝る女性

進学に際して私立校を志望することになる場合があります。
その場合には、入学試験に学科試験が課されることがほとんどです。
したがって受験に関する情報を収集し、その志望校に合致した試験対策が必要となります。
塾の選択もありますが、生徒の性格や思考法などによっては、塾よりも家庭教師の方が合っている場合があります。
例えば志望校に対して、現在の実力の把握が難しいときや、受験する学校の特徴にあった問題や分野に関する情報を加味して「わかるように」教えてもらいたい場合です。
塾の場合には、多人数の生徒の場合には、どうしてもその授業のスピードや教授法が合わないことがありますが、家庭教師ならば1対1で受けられますから、わかるように教えてもらえますし、納得できるまで繰り返し教わることも可能です。
それが原因で他の生徒に迷惑をかけることもありません。
個別塾でもその一部はできるかもしれませんが、必ず塾には通わなくてはなりませんし、他の教科も含めてバランスよく総合的にみてもらえるとも限りません。
したがって、家庭教師のメリットは自分の理解に合わせて、教えてもらう速度を調節してもらえる点にあるといえます。
そして多くの場合には一人の先生が主に担当しますから、その生徒の性格や理解度に応じて、科目よって割合を勘案したり、順序を入れ替えたり、それこそ臨機応変に教え方を変えてもらえます。
この点は家庭教師の大きなメリットです。
生徒によって、得意不得意はみな異なります。
集団塾では、だからといって科目割合を変えて教えることはそうできることではありません。
しかも教える時間割は決まっていますから、そんなに科目を変えて教えるようなことは難しいです。
家庭教師は科目割合だけでなく、科目によって難易度を変えたり、教えるスピードを変えたり、教え方を変えたりすることも柔軟にできます。

記事一覧
図書館で寝る女性

進学に際して私立校を志望することになる場合があります。 その場合には、入学試験に学科試験が課されるこ...

話している友達

家庭教師といえば、大学生が時給の高いアルバイトとしてやっているケースがよくみられます。 個人でやるよ...

パソコンを見る男

家庭教師は私服で生徒宅を訪れますが、学生アルバイトだと、ジーンズやラフな服装のこともあるでしょう。 ...

勉強している男

子供の成績がなかなか上がらない場合には家庭教師を雇って指導を依頼するご家庭が多いのですが、家庭教師だ...

笑っている女の人

いわゆる超難関校を受験する生徒に対して、特別なカリキュラムを用意している進学塾が少なくありません。 ...

人気記事一覧